Luminar、自動運転向けLiDAR供給で1300億円超の売上確定へ Mobileyeとサプライヤー契約

Mobileyeの第1世代の自動運転車に搭載へ



「自動運転車の目」と呼ばれるLiDAR(ライダー)を開発する米スタートアップLuminarは2020年12月4日までに、自動運転やADAS向けの画像処理チップを製造するイスラエルのMobileyeに自動運転車用LiDARを供給するサプライヤー契約を締結したと発表した。







自動運転業界で存在感の高いプレイヤー同士の提携であり、2020年において業界でも大きなニュースの1つと言える。LuminarとMobileyeは2年前から開発契約を締結している。報道によるとLuminarはMobileyeへのデバイス共有で13億ドル(約1,360億円)以上の売上を得る見込みだ。

報道によると、LuminarのLiDARはMobileyeの第1世代の自動運転車に搭載されるようだ。Mobileyeは現在、自動運転車の試験走行をドバイやイスラエル、フランス、中国、韓国などで行っており、商業ベースの無人タクシー事業を2022年にも開始する計画だ。

ちなみにLuminarは現在、米ナスダック市場への上場準備を進めており、株式が公開されるとLuminarの時価総額は30億ドル(約3,100億円)以上となるとみられている。

■飛ぶ鳥を落とす勢いの2社の契約

Luminarに関するニュースは2020年も多かった。2020年5月には、LuminarのLiDARと認識システムが搭載されたボルボの自動車が2022年にも量産開始されることが発表された。LuminarのLiDARと認識システムを使い、高速道路用の自動運転システムを開発するようだ。

同年10月にはダイムラーのトラック部門がLuminarへの投資を発表した。高速道路を走行する自動運転トラックの生産するための協業の一部だという。

そしてインテル傘下で急速に存在感を高めているMobileye。自動車業界でも自動運転業界でも企業の協業は珍しいことではないが、飛ぶ鳥を落とす勢いのこの2社の契約は、2020年の目立つトピックスの1つになったと言えそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事