年内上場へ!LiDAR企業の米Luminarとは?「自動運転の目」を開発

SPACとの合併で米ナスダック市場に



出典:Volco Carsプレスリリース

自動運転分野からまた新たな上場企業が誕生しそうだ。米メディアの報道によると、自動運転車の「目」と呼ばれるLiDARを開発する米スタートアップLuminar(ルミナー)が、特別買収目的会社(SPAC)との合併によって米ナスダック市場に上場する見通しだ。

自動運転分野で注目を集めるルミナーとはどんな企業なのか、同社について紹介していく。







■米Luminarはどんな会社?

Luminarは現在25歳のオースティン・ラッセル氏が2012年に大学を中退して設立したベンチャーで、2017年には3600万ドル(約40億円)の大規模な資金調達に成功している。

ラッセル氏は16歳からアメリカの名門スタンフォード大学で物理学の研究に取り組んだ。在学中に数多くの光工学分野のプロジェクトに参加し、その経験が現在のLiDAR開発に生かされることになる。

米国の投資家ピータ・ティール氏が主催する若手起業家向け研究奨学金制度によりラッセル氏は大学を中退し、この研究奨学金を原資にLuminar社を創業した。

■完成車メーカーが認めるLuminarの実力

Luminarが開発しているのは低価格タイプのLiDARだ。低価格でありながら優れた解像度を誇り、トヨタ自動車も既に同社製LiDARの技術力を認め、すでに採用を決めているとされる。2019年7月には500ドル(約5万4000円)のLiDARを発売することを公式発表した。

2020年5月にはスウェーデンのボルボ・カーズと提携し、LuminarのLiDARと検知技術を次世代型のボルボ車に導入していくと発表した。2022年ごろから搭載が進んでいくようだ。

そしてLuminarはSPACとの合併という形で上場を果たそうとしている。SPACとの合併による上場は手続きが早く、低コストで資金調達・株式公開ができるのが特徴だ。上場によって同社の開発力はさらに高まることが考えられそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事