ADAS再調整のエキスパート整備工場を認定!ボッシュ、日本で業界初の試み

新たな自動車特定整備制度のスタートに伴い



ADASエーミング作業風景=出典:ボッシュプレスリリース

ADAS(先進運転支援システム)の普及で車検制度が変化する中、自動車部品メーカー大手の独ボッシュの日本法人が、新たな取り組みをスタートさせる。

同社は2020年9月4日までに、カメラやレーダーなどの再調整作業(ADASエーミング作業)に優れた整備工場を認定する「ボッシュADASエキスパートサービスショップ」認定制度を開始したことを発表した。業界初の認定制度だという。







■新たにスタートした自動車特定整備制度

現在、自動ブレーキやレーンキープアシストなどをはじめとするADAS機能が新車の90%以上に搭載されている。こうした中、2020年4月に新たな「自動車特定整備制度」がスタートした。

新たな制度では、ADASのカメラやレーダーなどの「ゼロポジション」をシステムに正確に認識させる「ADASエーミング作業」も整備の対象となった。

ADASでは、単眼・複眼カメラやミリ波レーダーなどが検知した情報によって、車を制御している。そのため、システムが正確な「ゼロポジション」を認識していない場合、システムの停止や誤作動につながる危険性が示唆されている。

そこで重要となってくるのが、ADASエーミング作業の精度だ。

■ADASエーミング作業と認定制度

ADASのセンサー類は車の外装近くに搭載されているため、修理・整備を行う頻度は高く、それに伴いADASエーミング作業の回数も多くなる。

しかし、ADASエーミング作業を対象とする自動車特定整備制度はスタート間もないこともあり、ADAS搭載車の持ち主がADASエーミング作業に精通した整備工場を選ぶのは難しい。そこでボッシュが新たな認定制度をスタートしたわけだ。

ボッシュの認定制度は、「ボッシュADASエキスパート認定研修」を受講した上で審査を通過した整備工場を「ボッシュADASエキスパートサービスショップ」と認定し、認定ロゴを提供するというスキームだ。整備工場側は継続してボッシュの最新トレーニングなどを受けることができる。

車両のパーツや部品を作るだけではなく、こうした安全・安心のための取り組みも並行して行っているボッシュに、今後も注目だ。

【参考】関連記事としては「【最新版】ADASとは? 基礎知識や読み方などを徹底まとめ!」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事