Google系ウェイモ、自動運転トラックの実証実験を再開へ

自動運転領域でビジネスを多角的に展開か





自動運転領域における注目企業の一つの米ウェイモ(Google系)は2019年5月31日までに、2017年に中止していた自動運転トラックの実証実験を米アリゾナ州で再開させる方針と明らかにした。







実証実験はフリーウェイ(高速道路)で実施する。ウェイモは2018年12月に自動運転タクシーの商用営業を開始しており、自動運転トラックへの技術の応用も期待される。

日本を含む世界では自動運転トラックの実証実験は積極的に進められている。最近ではスウェーデンのスタートアップ企業「Einride」が念のために人を同乗させない形式で実証実験をスタートし、世界的に注目を集めた。







関連記事