グーグル系ウェイモの自動運転タクシー、米アリゾナ州で商用サービス開始

FCAのミニバン使用、レベル4技術搭載も係員同乗


ウェイモの自動運転タクシー=出典:ウェイモ社ニュースブログ

米グーグル系の自動運転開発企業であるウェイモは2018年12月5日、米アリゾナ州フェニックスで自動運転タクシーの有料商用サービス「ウェイモワン」を開始したと発表した。

人が運転に関与する必要が全くない自動運転レベル4(高度運転自動化)以上の技術を搭載しているとみられるが、安全のために運転席には人が同乗しながら自動運転タクシーを運行する。







ウェイモワンはスマートフォンのアプリから配車が可能で、当初はウェイモがこれまで実施した実証実験に参加したフェニックス在住者数百人を対象にサービスを展開する。

自動運転タクシーにはフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のミニバンを使用している。配車は24時間いつでも可能で、車両には最大で大人3人、子供1人が乗れる。

自動運転タクシーについては、米ゼネラル・モーターズやライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズもアメリカでも展開を計画している。日本でも自動運転ベンチャーのZMPが日の丸交通と実証実験を行うなど注目を集めている。







関連記事