Google系ウェイモの自動運転レベル4技術、欧米FCAが採用

独占的提携、小型商用車にシステム導入へ





出典:Waymo公式ブログ

米Googleの自動運転部門を担うWaymo(本社:米カリフォルニア州/CEO:ジョン・クラフチック)=ウェイモ=は2020年7月26日までに、欧州自動車大手のFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)と戦略的パートナーシップを締結した。

小型商用車の自動運転分野で独占的提携を行い、まずは同社の自動運転システムをFCAの商用車に組み込む計画だ。







■STELLANTIS傘下のブランド全てに及ぶ契約に?

ウェイモとFCAの関係は今に始まったものではない。2016年にFCAはウェイモ初のOEMパートナーとなっており、WaymoはFCAのミニバン「クライスラーパシフィカハイブリッド」に自動運転システムを搭載し、自動運転タクシーサービスに使用している。

今回の戦略的パートナーシップで、ウェイモとFCAは物流向けの小型商用車を共同で開発するとしており、ウェイモの自動運転システム「Waymo Driver」をFCAの「ラム」ブランドのバンに組み込んでいく方針だ。

FCAにとっては、自動運転レベル4(高度運転自動化)の独占的かつ戦略的な技術パートナーとしてウェイモを選択した形となっている。

FCAは2021年にフランスの自動車メーカーグループPSAと合併し、STELLANTIS(ステランティス)という新しい会社になることを発表している。ウェイモとの契約はSTELLANTIS傘下のブランド全てに及ぶと考えられる。

■技術サプライヤーとしての存在感も高めるウェイモ

Googleの自動運転プロジェクトがスピンオフする形で設立されたウェイモ。2018年12月に自動運転タクシーサービス「Waymo One」の提供を開始し、すでに一部でセーフティドライバーも同乗しない形でのサービス提供もスタートしている。

2020年に入り、新型コロナウイルス影響でサービスや試験走行を一時停止していたが、既にオペレーションを再開している。2020年3月には22億5000万ドルを資金調達しており、従業員の雇用やテクノロジーに充てるとされている。

2020年7月にはボルボ・カー・グループとの戦略的パートナーシップも発表したばかりで、ボルボの配車サービス向けの電気自動車プラットフォームにWaymo Driverを導入することを目指している。

ボルボ・カー・グループやFCAとの戦略的パートナーシップ…。自動運転タクシーでプレゼンスを高めてきたウェイモが、技術サプライヤーとしての存在感も高めている。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事