FCA に関する記事

自動運転の覇権争いは三つ巴…各陣営の企業まとめ 提携・アライアンスの現状は?...

ルノー・日産・三菱アライアンスが米グーグルの自動運転開発部門・ウェイモと協業に向けた話し合いを進めている旨の報が流れている。自動運転タクシーの実現など自動運転分野で存在感を増すウェイモと、自動車販売台数世界2位を誇る自動車連合が手を...

日産・ルノー・三菱自、自動運転開発でグーグル陣営に合流か

自動運転開発をリードする米グーグルの陣営に、日産とルノー、三菱自動車の3社連合が合流する見込みのようだ。日本経済新聞が2019年2月5日に報じた。 グーグル陣営は自動運転開発部門のウェイモが2018年12月に自動運転タクシーの...

グーグル系ウェイモ、自動運転車の「生産工場」建設へ ソフト搭載させレベル4車...

米グーグル系の自動運転開発企業ウェイモは2019年1月22日、自動車メーカーから購入する車両を改造して自動運転車に仕立て上げる「工場」を、米ミシガン州に建設すると発表した。工場と言っても車両を組み立てるわけではなく、同社が自社開発す...

「自動運転×アメリカ」の最新動向を解説 メーカーやIT系の開発進捗は?

自動車大国・米国。自動車製造業としてのかつての勢いは失ったかのように思われたが、自動運転の分野で再び輝きを取り戻しつつある。その背景には、自動車メーカーのみならずIT・テクノロジー系の巨大企業や無数に誕生するスタートアップの存在があ...

自動運転・コネクテッドカー・MaaS系ニュースで2018年に注目を集めたニュ...

2018年も残すところわずかとなり、何かと慌ただしい年の瀬を迎えつつある。自動運転業界のこの1年を振り返ると、国内ではトヨタ自動車によるコネクテッド・サービスの本格スタートやソフトバンクとのMaaS(移動のサービス化)事業を見据えた...

「自動運転×タクシー業界」の最新動向は? グーグルの事業展開や日本における取...

アメリカで2018年12月にドライバーが不在でも運行可能な自動運転タクシーが誕生した。米国に後れを取っているものの、日本国内でも営業走行による実証実験がすでに行われており、2020年の実用化を目指す動きがある。普及には時間がかかるか...

グーグル系ウェイモの自動運転タクシー、米アリゾナ州で商用サービス開始

米グーグル系の自動運転開発企業であるウェイモは2018年12月5日、米アリゾナ州フェニックスで自動運転タクシーの有料商用サービス「ウェイモワン」を開始したと発表した。 人が運転に関与する必要が全くない自動運転レベル4(高度運転...

FCAの自動運転戦略まとめ ウェイモとの協業の行方は? 開発状況は?

イタリア・米国を股に掛ける国際的自動車メーカーのフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)。日本でもなじみの深いフィアットやジープをはじめ、マセラティなどの高級ブランドも取り扱う多彩なラインナップが魅力の自動車グループだ。...

デンソー2018年4~9月期、売上収益11%増の2兆6249億円 自動運転や...

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/社長:有馬浩二)は2018年10月31日に決算発表を行い、2018年4~9月期の連結決算では売上収益は前年同期比11.1%増の2兆6250億円だった。営業利益は25.5%減の1524億円で、純利...

【2018年10月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

海外では、話題の宝庫ともいえる米テスラ社のイーロン・マスク氏が会長職を降りることとなり、またも大きなニュースを世間に振りまいた。一方、国内ではトヨタとソフトバンクが共同出資のもと新会社の設立を発表し、MaaS分野で協業することとした...