フルAI自動運転機能、マスク氏「2019年内」と言ってたのに…テスラからまだ発表なし

「2020年半ばまでに100万台生産」との発言も





テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)=出典:Flickr / Steve Jurvetson (CC BY 2.0)

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はかつて「2019年内」にフル自動運転機能を限定公開できる見通しを語ったが、2020年に入って早2週間が経とうとしているが、限定公開したとの発表はまだない。イーロン・マスクCEOの発言は嘘だったのだろうか。

■黒字化で期待感も大きかったが…

「フル自動運転(Full Seft Driving)」という単語をそのまま捉えるなら、自動運転レベルで最上位となる「5」(完全運転自動化)の機能のことを指すことになる。そしてレベル5と言えば、高速道路でも一般道でも完全無人の自動運転ができる水準を指す。







ただ、いま各社が技術開発で凌ぎを削っているのはレベル3とレベル4だ。その2つの段階を通り越していきなりのレベル5は、さすがのイーロン・マスク氏でも2019年内には難しかったということになろうか。

テスラは2019年10月、2019年内にフル自動運転機能を「アーリーアクセス」として限定公開できる見通しであることに触れた。そのときは7〜9月の決算が大方の予想を覆す形で黒字となったことから、本当にイーロン・マスク氏ならやってのけてしまうかも、という期待感も大きかった。

ただ今回は結果として、水面下で既にフル自動運転機能を提供している可能性はもちろんあるが、イーロン・マスク氏の発言通りにはならなかったようだ。ちなみにイーロン・マスク氏は過去に「2020年半ばまでに完全な自動運転車を100万台以上生産する」とも述べている。

■発言は置いておいて、技術力には高い評価の声も

ただ、イーロン・マスク氏の発言がその通りにならなかったとみられるとは言え、テスラの自動運転技術が着実に向上していることは事実だ。2019年には駐車した車両を呼び寄せる自動運転技術「Smart Summon(スマート・サモン)」を発表しており、トラブルが起きたとの声も聞かれるが、その技術力を評価する声も多い。

2020年、テスラは新たにどのような発表をするのか。テスラの公式発表に加え、イーロン・マスク氏のTwitterアカウント(https://twitter.com/elonmusk)にも引き続き注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事