ホンダ車が中国で自動運転タクシーに!?AutoXとの提携で予感されるもの

レベル3搭載車発売に続き、止まらない攻勢



出典:AutoXプレスリリース

日本国内で自動運転と言えば、去年までは「トヨタ」と「日産」が双璧だった。トヨタは自動運転EV「e-Palette」を開発、日産は自動運転タクシーの取り組みを進めてきた。しかしここに来て、ホンダが攻勢を強め、一気に存在感を高めている。

2021年3月にホンダは日本で初めて、自動運転レベル3の型式認定を受けた「トラフィックジャムパイロット」の搭載車両として、新型LEGENDの発売を開始した。そして4月には、自動運転分野における中国の有力スタートアップであるAutoXとも提携した。







2021年以降、ホンダは自動運転領域で頭一歩抜きんでるのか、注目だ。そしてホンダとAutoXの提携で一体今後何が起きるのか。

■ホンダの車両が中国で自動運転タクシーに!?

ホンダの中国法人は2021年4月、AutoXと提携したことを発表し、ホンダの「アコード」と「インスパイア」にAutoXの「ジェネレーション5自動運転システム」を搭載した自動運転フリートをリリースすることを明らかにした。

AutoXは2016年に自動運転AIプラットフォームを開発しているスタートアップで、米シリコンバレーで創業し、2018年には本社を深圳に開設している。

AutoXへの注目度は、戦略パートナーの企業群をみれば明らかだ。中国の上海汽車(SAIC Motor)や東風汽車(Dongfeng Motor)、アリババのほか、米半導体大手のNVIDIA、台湾半導体大手のMediaTekなどもAutoXのパートナーだ。

そんなAutoXの「ジェネレーション5自動運転システム」がどのような内容かは明らかにされていないが、AutoXはセーフティドライバーを車内に同乗させない「自動運転レベル4」の開発に注力してきたことを考えると、アコードなどが完全無人の自動運転が可能になることも考えられる。

さらに深読みするなら、AutoXは2021年1月から中国初で初めて完全無人の自動運転タクシーを一般向けに提供しており、いずれはAutoXのシステムを搭載したホンダのアコードなどが中国で自動運転タクシーとして活躍することも考えられそうだ。

■完成車メーカー×システム開発企業の動向に注目

レベル3搭載車を発売したホンダと、世界から注目を集めるAutoXがタッグを組んだことは、自動運転業界にとっては大きなニュースだ。そして今後こうした完成車メーカーとシステム開発企業の提携は間違いなく加速するはずで、他社の動向も気になるところだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事