現在の464倍!自動運転システム、2030年には2.2兆円市場に

富士キメラ総研が市場調査で予測





マーケティング事業を展開する株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区/代表取締役社長:田中一志)は2020年3月17日までに、電動化や自動運転化などのCASE技術を支える車載電装システムの世界市場調査を公表した。

調査結果は「車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2020(上巻)システム/デバイス編」に集約されている。今回発表された市場調査の概要を説明していこう。







■自動運転システム市場:2030年には2018年比で464倍に
出典:富士キメラ総研プレスリリース

この調査によれば、世界全体の自動運転システムの市場は2030年には2兆2781億円となることが予測され、2018年と比較すると464倍の規模になるという。なおこの調査での「自動運転システム」は、自動運転レベル3(条件付き運転自動化)からレベル5(完全運転自動化)のシステムと定義されている。

発表によれば、自動運転システムは現時点でドイツメーカーの一部車両のみに搭載されているが、2020年代前半以降には日本メーカー車両への搭載が予想されているという。前者はアウディの「A8」、後者はホンダが発売するとみられる車両のことを指していると考えられる。

また「自動運転の目」とも呼ばれる「LiDAR」は2021年ごろから安価な製品が増え、2030年ごろには自動運転レベル3システムの価格が低下し、搭載車両の急激な増加が見込まれるという。

■ADAS市場:2030年には1兆3037億円まで拡大
出典:富士キメラ総研プレスリリース

ADAS(先進運転支援システム)については、2020年時点でも世界的に搭載車が増えている。2020年以降は各国が自動ブレーキの搭載義務化を進めていくことでADASの搭載車がさらに増加し、2030年のADAS市場は1兆3037億円まで拡大するという。

ちなみに日本におけるADASの2019年の市場規模見込みは755億円で、2030年には1174億円となる見込みだという。

■車載電装システム市場:2030年には48兆9120億円に
出典:富士キメラ総研プレスリリース

車載電装システムの世界市場については、パワートレイン系、HV/PHV/EV/FCV系、走行安全系、ボディ系、情報通信系の計24品目で調査された。今後どの分野も堅調に伸び、車載電装システムの全体市場は2030年には48兆9120億円まで拡大するという。2019年見込みの約2倍だ。HV/PHV/EV/FCV系と走行安全系の伸びが特に市場拡大をけん引するという予測となっている。

■【まとめ】車両開発やパーツだけではなく

自動運転の領域に関して言えば、車両開発やパーツだけではなく、さまざまな関連業界でも市場の拡大が見込まれる。MaaS、5G、テレマティクス保険…。これらの市場規模予測についても合わせて知っておきたいところだ。

【参考】関連記事としては「AI自動運転やMaaS、ライドシェアなどの将来市場規模予測10選」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事