欧米・中国の11社で「自動運転の安全白書」作成し公開 日本企業は参加なし

自動運転レベル3〜4をカバー





出典:SAFETY FIRST FOR AUTOMATED DRIVING資料

自動運転技術を開発する欧米の自動車メーカーや自動車部品メーカーら11社が、自動運転と安全に関する「SAFETY FIRST FOR AUTOMATED DRIVING」(英語版)というホワイトペーパー(白書)を共同で作成し、2019年7月2日、インターネット上で公開した。

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)とレベル4(高度運転自動化)をカバーするもので、システムの信頼性・透明性や安全、責任、セキュリティなどに関して記載されている。







11社は下記の通りだ。欧米の企業に加え、中国の百度(バイドゥ)が参加しているが、日本の企業は含まれておらず、その背景も気になるところだ。米自動車メーカーのGMやテスラなども含まれておらず、基本的には欧州の企業が中心という印象だ。

  • Aptiv(アメリカの自動車部品メーカー大手)
  • Audi(ドイツの自動車メーカー大手)
  • Baidu(中国のネット検索大手 ※自動運転技術を開発)
  • BMW(ドイツの自動車メーカー大手)
  • Continental(ドイツの自動車部品メーカー大手)
  • Daimler(ドイツの自動車メーカー大手)
  • Fiat Chrysler Automobiles(欧米自動車メーカー大手)
  • HERE(欧州地図大手)
  • Infineon(ドイツの半導体メーカー大手)
  • Intel(アメリカのIT大手)
  • VW(ドイツの自動車メーカー大手)

ホワイトペーパーは「https://www.daimler.com/documents/innovation/other/safety-first-for-automated-driving.pdf」(リンク先:ダイムラー社サーバー)などのリンクからダウンロード可能だ。ホワイトペーパーは157ページ構成で、全8章で構成されている。







関連記事