2030年までの最重要トレンドは「コネクテッドカー」 自動車業界幹部アンケート

KPMGインターナショナルが発表





世界の自動車業界で2030年までの最重要トレンドは「コネクテッドカー」——。こんなアンケート調査の結果を、国際会計事務所グループのKPMGインターナショナル社が2019年1月20日までに発表した。

アンケートはインターネット形式で行われ、世界41カ国の主要自動車関連企業の幹部981人から回答を得た。







2030年までの自動車業界の主要トレンドについて聞いたところ、「コネクテッドカー技術」と答えた人は世界全体では59%(「極めて重要」と選択した回答者の割合)だったが、日本単独では32%(同)で、日本人の幹部クラスが世界平均よりもコネクテッドカーに対する関心が低いことが分かった。

自動運転車を「極めて重要」と答えた人は、世界全体では44%で日本単独では36%で、MaaS(サービスとしてのモビリティ)に関しては、世界全体で43%、日本単独では20%だった。

出典:KPMGインターナショナル社プレスリリース







関連記事