次なる有望市場「タクシー広告」!解説・まとめ記事8本を紹介 by 自動運転ラボ

将来は自動運転車やライドシェアへの展開も





タクシーの後部座席向けのデジタルサイネージを使った広告配信サービスが、この1年で続々と誕生している。自動運転車や(今はまだ日本国内では解禁されていないが)ライドシェア車両、カーシェアの車内でも将来的に同様の広告配信サービスを提供できるため、タクシー広告市場は今後の裾野の拡大が期待されるマーケットの一つとなっている。







こうした中、自動運転ラボではモビリティ業界の動きとして「タクシー×広告」に焦点を当て、解説記事や取材記事の作成に力を入れてきた。ここ最近アップした記事を下記の通りまとめたので、ぜひ市場の先行きを見通すための参考材料としてほしい。

■タクシーへ広告掲載!主要な8形態まとめ 激アツは「後部座席タブレット」型

最近タクシー業界の特に注目が高まっている広告形態が、後部座席向けに設置したデジタルサイネージを活用する方法だ。配車アプリやキャッシュレス決済機能への対応とともにタクシーへの搭載数が飛躍的に増加している。

この記事では後部座席広告のほかタクシーの主要な広告形態を解説しています。

■あの「無料タクシー」の仕組みを暴く!広告モデルで実現、YouTubeと一緒?

タクシー配車アプリが続々と登場するとともに、タクシーの後部座席向けに設置されたデジタルサイネージ端末を活用した広告サービスなどが、新たなビジネスモデルとして確立されつつある。

そんな中、広告収入を乗客に還元する形のビジネスモデルを模索する動きもある。それがいわゆる「無料タクシー」だ。この記事では無料タクシーが成り立つ仕組みなどについて包括的に説明しています。

■タクシーは序章…後部座席広告、カーシェアやライドシェア、サブスク型でも

タクシーの後部座席向け広告サービスは今後、カーシェアやライドシェア、トヨタのKINTOに代表されるサブスクリプションサービスなどでも導入されていく可能性が高い。

この記事では「デジタルサイネージ広告×モビリティ」という視点で、モビリティ業界における広告市場の可能性について解説しています。

■タクシータブレット動画広告「GROWTH」、訴求力や掲載方法まとめ みんなのタクシーとベクトルで展開

ソニー系のみんなのタクシー株式会社がタクシー広告事業として展開しているのが、後部座席IoTサイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」だ。総合PR会社のベクトルと組んで、既に事業をスタートさせている。

記事ではこのサービスの強みや配信される広告のメニューなどについて解説しています。

■タクシータブレット型「Tokyo Prime」の動画広告メニューと掲載方法まとめ JapanTaxiが展開

JapanTaxi株式会社取り組む事業の中で配車アプリとともに注目を集めているのが、タブレット(デジタルサイネージ)を活用した動画広告配信サービス「Tokyo Prime」だ。

記事では同社が力を入れる「Tokyo Prime」の概要やサービス内容を掘り下げ、同社の戦略の一端を解説しています。

■MOV提供のDeNAのタクシータブレット動画広告内容と掲載方法は? Premium Taxi Visionの媒体資料を読み解く

自動運転事業も手掛けるDeNAが展開するタクシー向けの動画広告配信サービス「Premium Taxi Vision by DeNA」について解説した記事で、広告の種類や各メニューの詳細などについて触れている。

広告の訴求効果などについても説明しています。

■タクシーデジタルサイネージ広告「eyevision」「iScene」の内容と掲載方法まとめ

タクシー広告媒体事業やWEB媒体事業を手掛けるアイマッチング株式会社が展開しているのが、デジタルサイネージ広告「eyevision(アイビジョン)」と「iScene(アイシーン)」だ。

iSceneはまだサービス提供が開始されたばかりで、記事ではどのような進化が図られているのかなどについて解説しています。

■媒体比率でたった3%の「交通広告」に秘めたド級の潜在力とは? 自動運転車両やタクシー広告で躍進

電通の発表によれば、鉄道やタクシーなどの「交通」に関する媒体の広告費は2025億円で、日本の総広告費の3.1%を占めるに留まっている。ただコネクテッドカーや自動運転車の将来的な普及を考えれば、交通広告のシェアは今後大きな伸びが期待できる。

タクシー広告に関する各社の取り組みなどを解説しつつ、将来のトレンドについて記事の中で予測しました。

■「タクシー×広告」に関する情報提供は自動運転ラボまで

自動運転ラボは「タクシー×広告」に関する取材や情報発信に引き続き注力して参ります。企業様からのプレスリリースの送付や情報提供は「編集部問い合わせ窓口」からお願い致します。







関連記事