長者番付、自動運転業界からはテスラのマスク氏ともう1人…誰?

LiDAR企業Luminarを創業したラッセル氏に注目



イーロン・マスク氏(左)とオースティン・ラッセル氏(右)=出典:Flickr / Steve Jurvetson(CC BY 2.0)/ルミナー公式サイト

アメリカの経済誌フォーブスは2021年4月13日までに、2021年版の「世界長者番付」を公表した。

自動運転業界からは、米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が、保有資産1,510億ドル(約16兆5,000億円)で2位にランクインしている。テスラの株価が昨年から大きく上がったことが理由だ。







また、30歳以下のセルフメイド(自身で財産を築いた人)部門では、LiDARを開発する米ルミナー創業者で現在26歳のオースティン・ラッセル氏が、保有資産24億ドル(約2,600億円)で第5位にランクインしている。ルミナーは2020年12月にSPAC上場したことで知られる。

■テスラとLuminarの自動運転に関する取り組みは?

マスク氏が率いるテスラは、現在まだ自動運転機能を提供していないが、マスク氏はTwitterで自動運転機能の実現時期にたびたび言及し、投資家の投資意欲を煽った。この点もテスラのこの1年の株価の上昇に少なからず影響したとみられている。

いずれは「Full Self-Driving」(完全自動運転)という言葉を略したソフトウェア「FSD」をOTA(Over the Air)技術などでアップデートすることで、顧客に自動運転技術を提供する方向性だ。

米スタートアップのルミナーは、LiDARを開発している。このLiDARは光技術を使って車両の周辺環境を検知できるセンサーで、ルミナーは「低価格」が強みのLiDARの開発に力を入れている。

トヨタもルミナー製のLiDARに着目しているほか、これまでにルミナーは自動運転向け画像処理チップを製造するMobileyeと、LiDARを供給するサプライヤー契約を締結している。ちなみに上場直後は株価は急上昇したが、その後は下落傾向にある。

■来年以降も自動運転業界からビリオネアが続々登場か

2021年は自動運転関連のさまざまな企業の上場を控えている。詳しくは「2021年は自動運転関連企業の上場ラッシュ!LiDAR企業も続々」の記事に譲るが、上場によって資産を大きく増やす人物が自動運転業界から続々誕生していくはずだ。

2022年、2023年と、自動運転業界から新たにどんな人物が世界長者番付に登場するのか、楽しみだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事