西日本鉄道、中型自動運転バスの実証開始へ 信号と無線通信、交差点での危険予測も

GPSが届きにくい区間では「磁気マーカー」使用



出典:西日本鉄道プレスリリース

西日本鉄道と西鉄バス北九州は2020年10月12日までに、北九州エリアにおいて中型自動運転バスの実証実験を10月22日から11月29日にかけて実施すると発表した。GPSの電波が届きにくい区間では「磁気マーカー」を使い、安定した自動運転走行につなげる。

■「信号情報提供システム」や「危険情報提供システム」を導入

バス業界では現在、運転手の人材確保や採算の悪化などの課題に直面しているが、自動運転バスの導入によって省人化や低コスト運行が期待され、こうした課題が将来的に解決される可能性を秘めている。







今回の実証実験では、LiDARやカメラ、磁気センサーが搭載された中型自動運転車1台が使用され、朽網駅~北九州空港線の約10.5キロの区間を走行する。今回の実証実験の協業パートナーは、日本信号やNTTデータ、ソフトバンク子会社のBOLDLY、損害保険ジャパンなどだ。

実証実験では交差点における安全性を確保するため、運行区間の全ての信号に「信号情報提供システム」を導入するという。信号の状態を無線を通じてバス側に送信することで、確実に信号の状態を車両側が把握できるようにする。

さらに安全性を高めるため見通しが悪い交差点では、将来予測も行う「危険情報提供システム」を導入するようだ。交差点での接触事故を防止するためのシステムで、協業パートナーである日本信号が提供する。こうした仕組みを使った公道での実験は日本初のことだという。

■試乗者だけでなく地域の人にもアンケート調査

今回の実証実験では、実際に希望者が自動運転バスに試乗する形で行われる。西日本鉄道は「試乗者だけでなく地域の方など広くアンケート調査を実施し、社会受容性の検証と市民目線での課題の把握を行います」としている。

実際に人が乗る実証実験では、実施者が思いもしなかった課題がアンケートを通じて判明することもあり、今後の取り組み計画を検討するために有用なデータがたくさん得られるはずだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事