日産、今後は全新型車に「簡易な自動運転技術」搭載?日経が報道

レベル1〜2のプロパイロット機能を標準装備か



日経新聞の報道によると、日産自動車が今後発売する全ての新型車に、簡易な自動運転機能を標準装備するという。







報道で書かれている「簡易的な自動運転機能」とは、日産の自動運転レベル1〜2に相当する日産の先進運転支援システム「プロパイロット2.0」「プロパイロット」などのことを指すようで、日産はレベル1〜2の機能を今後発売する全ての新型車に搭載するというニュースだ。

■プロパイロット2.0とは?

今回のニュースで出てきた「プロパイロット2.0」は、2019年7月に発表された先進運転支援技術で、高速道路の走行時に一定の条件を満たすと手放し運転が可能となる。2019年9月に発売された新型「スカイライン」に搭載されている。

この運転支援システムは、カメラやレーダー、ソナー、GPS、3D高精度地図データなどを組み合わせて活用し、周囲を360度リアルタイムに把握することで滑らかな走行が可能だとされている。

ドライバーが常に前方を確認し、すぐにハンドル操作ができる状態であれば手放し運転をスタートすることが可能で、走行中は設定した速度を上限として、トンネルや急カーブなどの一部区間を除いて前方車との車間距離を保ちながら同一車線を走行する。車内にはドライバーをモニターするカメラが設置され、よそ見をしていないか常に監視する。

また、ハンドルに手を添えてスイッチ操作するだけで、追い越しや車線変更も可能な支援機能も搭載している。

■いずれは「プロパイロット3.0」でレベル3提供?

今回のニュースは自動運転レベル1〜2に関する話題だが、日産もいずれはレベル3以上の機能を開発し、新車に搭載していくものと考えられる。

日本ではすでにレベル3が解禁され、ホンダが年内にレベル3搭載車の発売を目指している。日産もこれに負けじと「プロパイロット3.0」のような名称で、自動運転レベル3の機能を今年か来年ごろに発表するかもしれない。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事