トヨタ車が最多!中国、自動運転レベル2車両が1年で2倍以上に

57ブランドがレベル2機能を提供



出典:グローバルインフォメーション・プレスリリース

中国における自動運転レベル2(部分運転自動化)機能の搭載車が、1年で2倍以上に増えたことが、中国の市場調査会社「ResearchInChina」の市場調査レポートから明らかになった。

市場調査レポートでは、2020年1〜11月に保険に加入した乗用車を対象に調査を行った。自動運転レベル2機能を搭載した乗用車は前年同期比で118.9%増の260万台となった。搭載率は16.1%で、2019年の6.8%から大きく伸びた。







■57ブランドが自動運転レベル2の機能を提供

中国ではレベル3以上の自動運転技術の開発も加速しているが、市販車の主戦場はまだ自動運転レベル2だ。

市場調査レポートによると、米テスラや中国のNIO、Lixiangといった新興自動車メーカーでは、レベル2の搭載率が100%だ。OTA(Over the Air)アップグレードでレベル2を実現しているケースも多いという。

また、中国ではすでに乗用車を展開する57ブランドが自動運転レベル2の機能を提供しており、そのうち28ブランドが1万台以上の車両に自動運転レベル2の機能を搭載したという。

ちなみに、最も自動運転レベル2を搭載した車両台数が2020年に多かったのはトヨタで、88万5,000台という。トヨタは​「Toyota Safety Sense」を自動運転レベル2の機能として展開している。

■レベル2、そしてレベル3以上でも熱い中国市場

自動運転レベル2の搭載が急加速していることも注目すべき点だが、中国に関してはレベル3以上の自動運転技術の発展もめざましいものがある。

例えば、ネット検索大手・百度(バイドゥ)は2021年5月から運転席無人の自動運転タクシーの商用サービスを北京以外で開始している。世界的にはGoogle系Waymoに次ぐ形となり、今後は北京以外にも運行範囲を拡大していくものとみられる。

そのほか、ベンチャー企業やスタートアップ企業の技術レベルの向上も目を見張るものがある。中国のEVスタートアップであるHuman Horizonsは、自動運転レベル3車両の生産を開始することを発表している。ソフトウェアを無線アップデートする「OTA」も標準搭載予定だ。

そのほかの企業の取り組みも挙げれば枚挙にいとまがない。自動運転レベル2、そしてレベル3以上でも、中国市場は非常に熱い状況だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事