OTA

テスラの自動運転技術(2022年最新版)

EV(電気自動車)大手として世界に名を馳せる米テスラ。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)のリーダーシップと強烈なキャラクターのもと、自動運転業界を賑わせる存在としても有名だ。 2020年の自動車販売台数は50万台を突破し...

自動運転はできる?トヨタが新型「シエンタ」発売

トヨタは2022年8月23日、フルモデルチェンジした「新型シエンタ」を発売した。「コンパクトカーの運転のしやすさ」と「ミニバンの利便性」を深化したことを強調しているが、自動運転ラボとして気になるのは、先進運転支援機能だ。自動運転は可...

Over The Air(OTA)技術とは?(2022年最新版)

コネクテッドカーの登場により自動車業界で飛躍的に注目度が高まっている「OTA(Over the Air)」。聞きなれない言葉かもしれないが、スマートフォンなどで当たり前に使用されている技術で、自動車への普及も今後加速度的に進んでいく...

トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?自動運転EV、東京五輪で事故...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した自動運転シャトル「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘...

テスラのFSDリコール、ディーラーへの持ち込み不要 「修理」は無線で

米EV(電気自動車)大手テスラはこのほど、ADAS機能を備える有料ソフトウェア「FSD(Full Self-Driving)ベータ版」に関連したリコールを届け出た。対象車両は約5万4,000台とみられるが、このリコール対応は速やかに...

車両をソフトウェア定義!日仏連合の2030年計画、EV以外で語ったこと

ルノー・日産・三菱自動車のアライアンスは2022年1月、モビリティのバリューチェーンに焦点を当てた共通のプロジェクトと実行計画「Alliance 2030」を発表した。2030年に向け、3社の強みを結集し新たな未来を切り拓くための共...

テスラFSD、「購入型」は何年目で「サブスク型」よりお得に?自動運転機能を将...

米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が、同社の「FSD(Full Self-Driving)」オプションを1万2,000ドル(約137万円)に値上げするとTwitterでつぶやいた。1万ドル(約1...

自動運転レベル4システム、LiDAR込みで1万ドル!中国Deeproute....

中国のスタートアップ企業Deeproute.ai(深圳元戎啓行科技)は2021年12月8日、センサーを含めた自動運転レベル4のパッケージ製品「DeepRoute-Driver 2.0」を発表した。価格は1万ドル(約113万円)。価格競争力を...

テスラ導入、日本の独立系レンタカー会社も追随か 自動運転機能も試せるように?...

EV(電気自動車)大手の米テスラがレンタカー大手の米Hertz(ハーツ)から2022年末までに10万台を受注するとのニュースを受け、テスラの株が暴騰したことは周知の通りだ。時価総額は2021年10月25日に1兆ドル(約114兆円)を...

テスラの自動運転ソフト、他社の利用を許容 「道義的に正しい」とマスク氏

米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は、2021年10月7日に開催された株主総会で、将来的に自動運転の実現を目指す自社開発ソフトウェア「FSD」について、ほかの自動車メーカーにも提供していく考えを...