トヨタ、首位GMを猛追!2020年の米国コネクテッドカー市場

GMはシェア23.0%、トヨタはシェア16.6%



出典:カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社プレスリリース

香港の民間市場調査会社であるカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは2021年7月20日までに、アメリカのコネクテッドカー市場に関するレポートを発表した。レポートによれば、2020年のトップシェアは米GMで23.0%になっているという。

■トヨタは16.6%で2位、GMを猛追

日本のトヨタは16.6%で2位。以下、3位は米フォードで13.7%、4位は欧米FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)で11.1%となっている。日本の自動車メーカー単独では、ホンダが3.9%で7位となっている。







報道発表によれば、2020年は新型コロナウィルスの感染拡大によって自動車メーカーも大きな影響を受けたものの、コネクテッドカーの販売台数は2020年下半期に前年同期比2%増となったという。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社のFahad Siddiqui氏はその理由について、「コネクテッドサービスを求める消費者が増えたことと、後発のトヨタやFCAが、先行するGM、Fordなどに追いついてきたこと」としている。

■2025年、5G採用のコネクテッドカーは27%に増加

報道発表では、コネクテッドカーの通信方式についても触れられている。2020年は4Gが92%、3Gが8%だったが、2025年は推測ベースで4Gが73%と依然主流であるものの、次世代通信規格「5G」を採用しているコネクテッドカーも27%まで増えるという。

出典:カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社プレスリリース

ちなみにコネクテッドカーで5Gが採用されるようになると、車内で提供できるコンテンツや機能の幅が広がる。自動運転においても「超高速」「低遅延」といった特徴を有する5G通信は不可欠だ。

またレポートでは、5G対応で市場をリードするのはBMWとフォードだと指摘している。一方、トヨタもコネクテッド技術の開発や5G対応に向けた動きを加速させており、5G対応車で今後どこまで存在感を高められるか、注目が集まりそうだ。

■【まとめ】競争激化必至のコネクテッドカー市場

コネクテッドカーの市場は米国だけではなく、世界でもどんどん拡大していく。富士経済が2020年6月に発表したレポートによれば、2035年のコネクテッドカーの新車販売台数は、2019年比で約3倍の9,420万台に上るという。

市場の拡大とともに、この領域に参入する自動車メーカー以外のプレイヤーも増えていくことが予想され、コネクテッドカー市場における企業間競争が激化していくことは確実だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事