Woven Cityが、日本最速で「事故ゼロ都市」に!?自動運転とジコゼロ大作戦の知見で

愛知県豊田市の取り組みに注目



トヨタのWoven City計画=出典:トヨタプレスリリース

一般社団法人「トヨタ・モビリティ基金」は2021年7月20日までに、愛知県豊田市やトヨタとともに「ジコゼロ大作戦」を開始することを発表した。「ジコゼロ」すなわち「事故ゼロ」を目指す取り組みだ。

具体的な取り組みとしては、以下の4つが挙げられ、交通事故の削減に向けて先進技術や車両データを活用する形となる。







  • インフラ協調型危険回避システム
  • 住民ヒヤリハットデータベース
  • ドライブレコーダー情報を活用した高齢者安全運転診断サービス
  • 車両プローブデータの活用

今回は豊田市で取り組みが進められるが、この取り組みで得た知見が将来的にトヨタの実証都市「Woven City」で展開されることも考えられ、さまざまな観点で興味深い取り組みと言える。

■豊田市で取り組まれる「ジコゼロ大作戦」の中身は?

豊田市で取り組まれる内容について、もう少し詳しく説明していこう。

「インフラ協調型危険回避システム」は、電柱や住居にカメラやセンサーを設置し、注意喚起を促すシステムを導入することで、事故を未然に防ぐシステムだ。

出典:トヨタプレスリリース

「ヒヤリハットデータベース」は、交通事故の発生データを活用し、危険箇所を住民・児童に提示することで事故防止に役立てるものとなっている。

「ドライブレコーダー情報を活用した高齢者安全運転診断サービス」は、ドライブレコーダーのデータを利用することで、高齢者の運転技術の安全性をチェックすることが可能になる。

出典:トヨタプレスリリース

そして「車両プローブデータの活用」では、車両の位置情報を取得できるプローブデータを活用することで、効果的な対策を検討できるようになるとのことだ。

ちなみにプローブデータとは、走行中との自動車との通信によって得られるさまざまなデータのことで、「位置情報」のほか、「速度」などが挙げられる。位置情報のデータはGPS(全地球測位システム)などを介して取得される。

出典:トヨタプレスリリース
■自動運転技術の実証・導入も進められるWoven City

そして先ほど触れた通り、こうした取り組みはWoven Cityでも導入されることが予想される。

Woven Cityは、トヨタの従業員を始めとした約2,000人が暮らすことを想定して建設が始まっており、最先端技術の導入を前提としている。そのため、ジコゼロに向けたインフラ協調型危険回避システムなどは、特に導入しやすい。

さらに、Woven Cityでは自動運転技術の実証・導入も積極的に進められていく。自動運転技術が導入されれば、手動運転中のヒューマンエラーもしくは違反行為などによる交通事故がなくなり、事故の発生件数はかなり少なくなることが予想される。

豊田市でのジコゼロ大作戦での知見、そして自動運転技術を導入していけば、Woven Cityは日本最速でジコゼロシティーとなり得るかもしれない。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事