カリフォルニア州、WeRideに自動運転試験の「ドライバーレス」許可

許可交付は7社目、中国企業としては3社目



出典:WeRide公式サイト

中国の自動運転開発スタートアップであるWeRide(文远知行)は2021年4月16日までに、米カリフォルニア州の車両管理局(DMV)から、「セーフティドライバーなし」の自動運転車の公道試験許可を得た。

これまで「セーフティドライバーあり」の公道試験許可は約60社が取得しているが、「セーフティドライバーなし」の許可を取得したのは、WeRideを含めて7社しかない、ほかの6社は、Waymo、Nuro、AutoX、Zoox、Cruise、Baiduだ。







この7社のうち中国企業はBaiduとAutoX、WeRideの3社で、Baiduが中国の大手企業であることを考えると、WeRideは中国の新興企業としてカリフォルニア州で「セーフティドライバーなし」の公道試験許可を得た2社目のケースとなる。

■WeRideとはどんな企業?

WeRideは、Baiduの元エンジニアであるWang Jin氏が2017年に立ち上げた「Jingchi.ai」を前身としている。

自動運転車を使った公道実証は2017年6月に成功させており、2018年11月には広州公共交通グループが運営するBaiyun Taxiと国有自動車メーカーの広州汽車集団と提携し、自動運転タクシーの試運転をセーフティドライバーつきで開始した。

そして2020年7月には、中国で初めてとなる「完全無人」での自動運転の公道実証をスタートさせている。広東省広州市から指定地域で公道実験を実施する許可を得て、取り組みを開始した格好だ。

大型の資金調達も成功させている。2018年10月にルノー・日産・三菱の「アライアンス・ベンチャーズ」から3,000万ドルの資金調達を行い、2020年12月には中国のバスメーカーYutong(宇通客車)から2億ドルを調達している。

■企業価値が13億5,000万ドルの自動運転ユニコーン

ちなみに民間調査会社の米CBインサイツのユニコーン(企業価値が10億ドル以上の非公開企業)リストにはWeRideの名前があり、企業価値は13億5,000万ドルとされている。

▼The Complete List Of Unicorn Companies
https://www.cbinsights.com/research-unicorn-companies
(WeRide以外にもさまざまな自動運転関連のユニコーンがリスト入りしているので、ぜひ参考にしてみてほしい)

WeRideについては現在は上場話などは出ていないが、いずれIPO(新規株式公開)をするとなれば、大いに注目されそうだ。

【参考】関連記事としては「公道では中国初!WeRide、「完全無人」の自動運転実証を開始」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事