MaaS市場、8年で10倍 2025年に25兆円規模 インド企業が予測

2018〜25年まで年平均32.6%成長


市場規模が8年で10倍となり、2025年には25兆円規模となる——。移動手段をサービスとして提供する「MaaS(マース)」の世界市場規模について、インドのコンサルティング企業がこんな予測を2018年11月30日までに発表した。







  1. 京急アクセラ、第2期目標は「地域連携型MaaSの実現」 サムライインキュベートと実施
  2. 東京急行電鉄が郊外型MaaS実証実験 東京都市大学や未来シェア社と
  3. DeNA、MaaS分野での技術開発へ横断組織「モビリティインテリジェンス開発部」発足
  4. 国土交通省、MaaSや自動運転・AIの活用に向け懇談会設置

発表したのはインドに本社を置くワイズガイ・リサーチ・コンサルタント社。同社によると、2017年に241億ドル(約2兆7000億円)規模だったMaaS市場は2025年には2304億ドル(約25兆円)規模まで拡大するという。2018年から2025年までの年間平均成長率(CAGR)は32.6%と予測している。

MaaSサービスの事例としては、ライドシェアやカーシェア、サイクルシェア、駐車場シェアなどのシェアサービスのほか、複数の交通機関を複合的に利用可能にするプラットフォームなど含めると多岐にわたる。交通機関の効率化、個人の利便性向上などという点でも注目を集めており、日本を含め世界でも市場が拡大傾向にある。

自動運転車やコネクテッドカーを使ったMaaS系サービスも今後続々と増えていくとみられる。







関連記事