BMWとテンセント、中国で自動運転の開発支援センターを開設へ

2019年内にも、投資額は非公表





ドイツの自動車大手BMWと中国のネットサービス大手テンセントは2019年7月21日までに、自動運転車の開発を支援するためのコンピューティングセンターを中国国内で開設することを発表した。







2019年末までに稼働をスタートさせる考えとみられる。投資額は明らかにされていない。

BMW Chinaの発表文によれば、このコンピューティングセンターはBMWの自動運転開発を支援するものとなるようだ。中国国内を自動運転で走行するため、より道路状況やルールにフィットしたシステムを開発するためのものとみられる。







関連記事