NEC、熟練者の意図を模倣するAI技術を開発 自動運転で活用も

過去の行動履歴データを学習し実現





日本電気株式会社(NEC)は2019年7月21日までに、熟練者の意図を学習して意思決定を模倣するAI(人工知能)技術を開発したと発表した。熟練者の過去の行動履歴データを学習し、実現するようだ。







同社はこの技術が「人の判断・動作を物理的に再現する領域」などで活用できるとし、その例として自動運転やロボット制御を挙げている。

またこの技術の特長としては、下記の3点を説明している。

  • 複雑な意思決定を複数の意図に分解して学習
  • 意思決定モデルと制約を同時に学習
  • 学習環境の簡略化







関連記事