米ブルームバーグの「2018年の50人」、ウェイモのジョン・クラフチックCEOら選出

インドネシアの二輪ライドシェア企業からも





ウェイモのジョン・クラフチック最高経営責任者(CEO)=出典:ウェイモ社プレスキット

その年に注目を浴びた人物を50人リストアップする「ブルームバーグ50」の2018年版で、米グーグル系ウェイモのジョン・クラフチック最高経営責任者(CEO)が選出された。

ウェイモは2018年12月に自動運転タクシーの商用サービスを開始し、注目を集めている。クラフチックCEOは韓国自動車メーカーの現代自動車のアメリカ法人で社長兼CEOを務めた経験もある。







ブルームバーグ50では、インドネシアでバイクの配車アプリ「ゴジェック」を展開するゴジョック・インドネシア社のナディム・マカリム最高経営責任者(CEO)=米ハーバード大学卒=も選出された。

ブルームバーグ誌はこの配車アプリについて「インドネシアン・スーパー・アプリ」と表現している。同社はバイクの配車サービスだけではなく、フードデリバリーや電子決済サービスも手掛けており、バイクのライドシェアで獲得したユーザーに多様なサービスを展開するビジネスモデルを確立させている。







関連記事