グーグル脅かす中国Pony.ai、自動運転タクシーアプリの実証実験開始

広州市で従業員やVIP向けに


出典:Pony.ai社プレスリリース

グーグル系ウェイモは2018年12月に自動運転タクシーの商用サービスをスタートさせ、自動運転業界で最も注目されている企業の一つだ。ただ他社も黙っていない。

「中国のウェイモ」とも呼ばれる自動運転スタートアップ企業のPony.aiが2019年1月17日までに、自動運転タクシーを呼ぶことが可能なスマホアプリを公開したようだ。







現在、中国広州市でアプリの試用試験を行っており、従業員や一部のVIP向けに無料で自動運転タクシーサービスを提供しているようだ。現在は特に料金を乗客からとっていない。

Pony.aiは中国のインターネット検索大手・百度の技術者が2016年11月に起業したスタートアップ企業。2019年末に自動運転レベル4(高度運転自動化)の自動運転車の商用化を目指している。







関連記事