アリババ出資の中国スタートアップBanma、コネクテッドカー事業を本格化へ

280億円以上を資金調達


中国のアリババグループと上海汽車集団の合弁会社である自動車スタートアップ企業Banma Technologiesのハオ・フェイ最高経営責任者(CEO)が2018年11月29日までに、コネクテッドカー(つながるクルマ)に関する事業を本格的に開始すると発言した。







  1. アリババ、半導体子会社設立へ ジャック・マー会長、引退前の大仕事 自動運転やAI用に供給か
  2. アリババ、中国全土の道路をスマート化? 自動運転分野の研究加速
  3. 中国アリババ集団、AI自動運転分野に参入 出資先のスタートアップ小鵬汽車、シリコンバレーで技術者の採用加速
  4. Google、アリババ打倒へ600億円投下 中国EC2位の自動運転配送支援へ

独自のソフトウェアプラットフォームを活用し、コネクテッドカー向けの駐車場関連サービスなどを提供していく。「スマート給油」といった新たな取り組みも進めるほか、決済部門でも先進的なサービスを提供していきたい考えだという。

同社は2015年に設立され、初めての資金調達ラウンドで16億元(約260億円)以上を調達済み。ハオ・フェイCEOは自動車業界の収益・利益構造はその源泉が変わると強調しており、次世代自動車ビジネスに積極的な姿勢を示している。







関連記事