グーグルやアップルからの転職組、創業1年で自動運転キット発表 中国Roadstar.ai

1億2800万ドルの資金調達も発表


中国のスタートアップ企業Roadstar.ai(ロードスター・エーアイ)社は2018年5月18日、「シリーズA」と呼ばれる創業初期の資金調達で1億2800万ドル(約142億円)を確保したと発表するとともに、自動運転レベル4(高度運転自動化)を実現するテクノロジー・キット「Aries(アリエス)」を公開した。設立からわずか1年の新興企業が、大手自動車メーカーや部品メーカーなどから大きな注目を浴びている。







【参考】詳しくは同社が公式発表した「プレスリリース」も参照。自動運転レベルについては「自動運転レベル0〜5まで、6段階の技術到達度をまとめて解説|自動運転ラボ 」も参照。

今回発表したアリエスは、最も費用対効果が高いLiDAR(ライダー)を搭載した最初のワンケーブル自動運転ソリューションで、異なるブランドやタイプのセンサーと互換性があり、レベル4パフォーマンスを車両1台当たり5万人民元(約87万円)未満のコストで実現することが可能になるという。

【参考】LiDARは光を使ったセンシング技術を活用し、自動運転車の周辺環境を認識する。自動運転の「目」としても位置付けられる。詳しくは「自動運転の「目」は800万円!?次世代センサーLiDARの最前線を追う|自動運転ラボ 」も参照。

Roadstar.aiは自動運転レベル4の自律的な運転技術を専門とするAI(人工知能)開発企業で、グーグルやアップル、電気自動車(EV)製造のテスラ、米半導体大手のエヌビディア、中国に本社を置く百度(バイドゥ)USAのエンジニアらによって2017年5月に設立された新興企業。

中国の深圳(しんせん)と米シリコンバレーに2カ所の研究開発センターを開設し、独自に開発した2つのコア技術である「HeteroSync」(ヘトロシンク)と「DeepFusion」(ディープフュージョン)を武器に、世界的なサプライヤー企業や自動車メーカーと正式なパートナーシップを構築している。

【参考】ヘトロシンクはLiDARやカメラ、レーダー、GPS(全地球測位システム)、IMU(慣性計測装置)などの複数のセンサーと統合され、高精度な時間と空間の同期、リアルタイム更新、融合された高次元の生データから抽出された堅牢な機能が特徴だ。また、ディープフュージョンは非常に堅牢かつ効率的で安全な自律駆動ソリューションを生み出すという。詳しくは「ロードスター・エーアイ社公式サイト(英語)」も参照。






関連記事