グーグル系ウェイモの自動運転タクシー、遂にスタートまで秒読み 

世界が注目する歴史的瞬間へ


出典:ウェイモ社メディアキット

グーグル系ウェイモの自動運転タクシー(ロボットタクシー)の公道デビューが秒読み段階に入った。既に乗車料金の計算テストを開始し、近く正式にサービスを開始させるようだ。運転手を必要としないタクシーが、いよいよ現実のものとなる。

ウェイモが正式な商用サービスとして自動運転タクシー事業をスタートさせた場合、それは「世界初」として報じられることになりそうだ。







自動運転タクシーは日本では2020年(ZMPと日の丸交通)、イギリスでは2021年(地場タクシー会社とオックスフォード大学)に、イスラエルでは2022年(VWとモービルアイ)に実用化が見込まれているが、ウェイモが本当に商用サービスを開始するとすれば、いずれの国よりも早いことになる。(ちなみにドバイ警察は2018年内に自動運転タクシーを実用化すると発表してはいます)

  1. VWとモービルアイが自動運転タクシー事業
  2. 英国で2021年にAI自動運転タクシー登場か
  3. ドバイ政府「年内に国営自動運転タクシー」
  4. 【密着・最前線】ZMPと日の丸交通の自動運転タクシー実証実験

中国においてもこのほど広東省広州市でこのほど自動運転タクシーの実証実験がスタートし、注目を集めている。実施するのは、バスやタクシーなど公共交通の運営を手掛ける広州市公共交通集団と、中国自動車大手の広州汽車集団(GACモーター)。エリアを限定した上で、車両を完全に自動運転化させて走行するようだ。しかし、本格的な実用化はまだ先のはず。

いよいよまずアメリカで現実のものとなる自動運転タクシー。自動運転タクシーの運賃も気になる。ウェイモの自動運転タクシーは初乗りはいくらなのだろう? 普通のタクシーより高いのか安いのか。その答えももうすぐ分かる。

【参考】関連記事としては「自動運転タクシーの実現はいつから? 料金やサービスは?」も参照。







関連記事