テスラのオートパイロットに新機能 運転支援「Navigate on Autopilot」公開へ

イーロン・マスク氏がツイート


米電気自動車(EV)大手のテスラ(本社:カリフォルニア州/最高経営責任者:イーロン・マスク)が、オートパイロットの新機能となる「Navigate on Autopilot」の機能を公開することが、同社CEOのイーロン・マスク氏が2018年10月26日夜に投稿したツイートによって明らかになった。







2018年10月初旬におけるソフトウェアへのアップデートでは、Navigate on Autopilotの機能の提供は見送られた。今後は米国のテスラオーナーに向けて新たなアップグレードバージョンを提供し、この新機能を利用できるようにする見込みだ。

  1. テスラの自動運転技術と開発史まとめ
  2. テスラ魔の1週間…時価総額でGM下回る
  3. イーロン・マスク氏がテスラの創業者ではないことが判明
  4. イーロン・マスクCEO、「Version 10」でYoutubeを見られることを示唆

Navigate on Autopilotは簡単に言えばアクティブガイダンス運転支援機能のこと。高速道路内での走行をアシストし、車線変更などにも対応している。ただし完全に車を自動運転に切り替えるシステムではなく、例えば車線変更などは、ドライバーが方向指示器を選択するなどの作業も必要となっている。

【参考】テスラのオートパイロットについては「テスラの半自動運転機能「オートパイロット」、地球100周に1回の事故率」も参照。







関連記事