日本のWILLER、シンガポール国立庭園で自動運転バスの実証実験

ASEAN地域でのMaaS開発強化へ



出典:WILLERプレスリリース

高速バス大手のWILLER株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役:村瀨茂高)のシンガポール子会社は2020年12月11日までに、エンジニアリングサービス事業を展開するのST Engineeringと協力し、シンガポールの国立庭園で自動運転の実証実験をスタートした。

実証実験が始まったのは「Jurong Lake Gardens」という国立庭園で、仏NAVYA製の自動運転バス「NAVYA ARMA」(定員15人)を使用している。約1.2キロの運行ルートを月〜金曜日の午前10時から午後4時まで、セーフティオペレーターが同乗して走行するという。







ST Engineeringが自動運転技術、WILLERがビジネスデザインとオペレーション管理を担当する。実証実験は2年間行われ、自動運転による旅客輸送システムが実用化できるかどうか、安全性や持続可能性の観点から検証していくという。

ちなみにWILLERは2019年10月、シンガポールの人気観光地である植物園「Gardens by the Bay」で、NAVYA社製の自動運転シャトル2台を使用した有償の定期運行サービスを開始している。

■高速バス大手ながら自動運転領域に果敢に挑戦

次世代モビリティ事業に力を入れているWILLER。すでに独自でMaaSアプリもリリースしており、2020年に入ってからは鉄道や路線バスの利用の際にQRコード決済ができるようになった。

2020年7月には米インテル傘下のイスラエル企業モービルアイと戦略的パートナーシップ契約を結び、日本や台湾、ASEAN地域で自動運転タクシーなどの商用化を目指すことを発表している。2021年には日本の公道で自動運転タクシーの実証実験を始める計画だ。

自動運転関連事業は自動車メーカーやIT企業などによって展開されているケースが多く、WILLERのような高速バス大手が取り組んでいるケースは少ない。そんな中でも同領域で存在感を高めているWILLERの勢いに今後も注目だ。

【参考】関連記事としては「WILLERとMobileye、自動運転タクシー「日本第1号」候補に!?」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事