駐車場検索サイト大手ハッチ・ワークもMONETコンソーシアムに参画!どんな団体?

横断型組織でモビリティイノベーションを推進





月極駐車場検索サイト大手の株式会社ハッチ・ワーク(本社:東京都港区/代表取締役社長:増田知平)は2019年8月29日、モビリティイノベーションを目指す横断型組織「MONETコンソーシアム」に参画したことを発表した。







MONETコンソーシアムは、ソフトバンクとトヨタ自動車などが出資しているMONET Technologiesが設立した組織で、2019年6月末時点で276社が加入している。参加対象企業は小売や飲食、物流、旅行・旅客、医療、情報提供サービス、エンタメ、不動産、金融、教育などとされている。

ハッチ・ワーク社によれば、同社が運営する月極駐車場検索サイト「アットパーキング」(https://www.at-parking.jp/)は駐車場の位置情報を22万6000カ所有している。同社は報道発表で「月極駐車場は従来の単なる車置き場から、モビリティ革命において【車ステーション】という重要な役割を担うと考えています」としており、今後さまざまな利用提言を行っていく考えだという。

出典:アットパーキング公式サイト
■MONETコンソーシアムってどんな団体?

MONETコンソーシアムに加盟する企業は増え続けている。最近では鍵の電子化技術などを手掛ける株式会社ビットキーやコネクテッドカー関連ソリューションを手掛ける株式会社スマートバリューなどが加盟を発表している。

出典:MONET Technologies社公式サイト

MONETコンソーシアムの目的は次世代のモビリティイノベーションを推進することにあり、具体的にはMaaSオープンプラットフォームを構築することや、MaaSの普及を加速させることに取り組んでいる。

MaaSオープンプラットフォームは、ビジネスマッチングなどの「サービス事業企画」のほか「車両企画」「データ連携」が取り組みの3本柱で、MaaS普及に向けた取り組みとしては勉強会や情報公開の開催のほか、将来的には政府などに対する提言をまとめる活動も行うようだ。

■MONETコンソーシアムに加入するためには?

MONETコンソーシアムへの入会申込はウェブサイト上から可能だ。申込ページは「https://survey.monet-technologies.com/webapp/form/22396_kdhb_18/index.do」で、申込期間や入会条件、活動の流れ、会費などに関するよくある質問もまとめられている。







関連記事