欧州の自動運転市場、2030年に1916億ドルに P&Sインテリジェンスが予測

2023〜2030年は年平均37.4%の成長率





国際調査会社のP&Sインテリジェンスは2020年2月4日までに、欧州における自動運転マーケットが2030年には1916億ドル(約21兆円)に達するという見通しを発表した。2023年から2030年の年平均成長率(CAGR)は37.4%だと推測している。

2018年における最大マーケットはドイツで、欧州の自動運転市場の約20%を占めているという。ドイツではほぼ全ての大手自動車メーカーや傘下のブランドが自動運転技術の開発に力を入れている。VW(フォルクス・ワーゲン)やメルセデス・ベンツ、BMW、ダイムラーなどだ。







さらにドイツの自動車部品大手ボッシュも、「自動運転の目」と呼ばれるLiDAR(ライダー)などのハードウェアだけではなく、自動運転時代のソリューションサプライヤーとして、さまざまな技術の開発に取り組んでいる。その一つが「自動バレーパーキングシステム」だ。

出典:P&Sインテリジェンス・プレスリリース
■今後拡大が見込まれる自動運転関連市場

自動運転関連の市場は今後さらに拡大することが予想される。

例えば、日本の調査会社の矢野経済研究所は2019年5月にADAS(先進運転支援システム)と自動運転システムの世界市場規模の予測を発表しており、2030年には自動運転レベル4と自動運転レベル5の車両が1530万台に上ると発表している。

2025年ごろまでは自動運転レベル3を含むADAS車両が主流だが、2025年から2030年にかけて一気に自動運転レベル4以上の車両が増えていく見通しだ。

LiDARに関する市場拡大にも注目すべきで、矢野経済研究所はLiDARやレーザの市場規模については、2017年の約25億円から2030年には約4959億円まで約200倍に急拡大するという予測を過去に発表している。

【参考】関連記事としては「AI自動運転やMaaS、ライドシェアなどの将来市場規模予測10選」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事