BMWが新境地開拓!「自動運転物流ロボット」市場に参入

「今後数カ月間で、いくつもの改革」と自信



出典:BMWプレスリリース

コロナ禍において人との接触機会を削減するべく、コンタクトレスを加速する物流ロボットに注目が集まっている。世界の物流ロボット市場が2027年には3兆円規模まで膨らむという予測もあるほどだ。

そんな有望市場にドイツの自動車大手BMWが新たに参入する。BMWグループは、物流ロボットの開発などを目的とした子会社「IDEALworks」の設立を2020年12月3日までに発表した。BMWが物流の分野で新ビジネスの開拓に乗り出したわけだ。







IDEALworksはBMWの完全子会社として本拠地をドイツ・ミュンヘンに構え、「自律型ロボティクス・ソリューションのリーディング・プロバイダー」となることを目指す。IDEALworksのジミー・ナシフ最高技術責任者(CTO)は「今後数カ月間で、いくつもの改革を準備する」と意気込みを語っている。

ちなみに社名にもなっているIDEALとは「I」(インダストリー)、「D」(ドリブン:推進)、「E」(エンジニアリング)、「A」(オートノマス:自律型)、「L」(ロジスティクス:物流)の頭文字をとったものだという。

■BMWグループはこれまでも物流分野で取り組み

BMWが唐突に物流分野に参入したと感じる人もいるかもしれないが、BMWはグループ内で物流に関する取り組みを続けてきた。特に2015年に開発された「スマート・トランスポート・ロボット」(STR)は大きな注目を浴び、ドイツにおける著名な物流アワードを受賞している。

このSTRは欧州最大の応用研究機関であるフラウエンホーファー研究所と共同で開発された自律移動型ロボットで、最適なルートを自動的に計算し、重量1トンまでの貨物を目的の場所まで自動走行で運搬できる。

ちなみに自動走行は「SLAM方式」によって実現された。SLAMとは、自己位置の推定と環境地図の作成を同時に実行する技術で、走行距離やカメラなどのセンサー画像から移動量を推定して自車位置を特定するとともに、センサーが収集したデータをもとに地図を作っていくことが可能だ。

BMWグループのいくつかの生産拠点では、既に130台以上のSTRが運用されているという。

【参考】関連記事としては「SLAMとは?位置特定と自動運転地図の作成を同時に」も参照。

■ほかの自動車メーカーも同様の動きを見せる?

BMWは本業の自動車部門では自動運転技術の開発に力を入れており、そこで得た技術力も当然物流ロボットの開発で生かされる。こうした視点でいえば、自動車メーカーが自動運転ロボットの開発に取り組み始めることは、決して意外なことではない。

BMWだけではなく、ほかの自動車メーカーも同様の動きをみせてくるかもしれない!?

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事