BENTELERがレベル4自動運転車!現規格に準拠「世界初」か

新ブランド「HOLON」から発表



出典:HOLONプレスリリース

オーストリアの自動車部品メーカーであるBENTELER(ベントラー)の新ブランド「HOLON」は、自動車規格に準拠した世界初の自動運転車を発表した。同社は自動車規格に準拠した自動運転車としては「世界初」だとしている。

2023年1月5~8日に米ラスベガスで開催された技術見本市「CES 2023」で発表されたもので、自動運転レベル4の機能を備えているという。







■自動運転に特化して設計

自動運転車「HOLON」は完全な電動駆動で、最大限の機能性と高い認知度を両立させた、非対称のデザインが印象的だ。無線によるアップデートで常に最新の状態が保たれ、乗客輸送、貨物輸送の両方で活躍できる。開発時には、持続可能な材料を使用することに重点が置かれていたようだ。

最大15人の乗車が可能で、最高時速60キロ、航続距離は約290キロだとなっている。オンデマンドサービスはもちろん、通常の定期運行サービスにも使用できるようだ。誰でも等しくモビリティがもたらす自由を享受できるよう、ゼロから設計したという。設計は長期パートナーの伊ピニンファリーナが担当した。

座席はプライバシーに配慮されながら、安全性も確保されているという。光電子センサー付き電動ダブルウイングドアや自動昇降機能付きスロープを標準装備することで、バリアフリーにも対応している。車椅子は車内で自動的に固定される機能があるようだ。点字情報やオーディオビジュアル案内により、視覚障がい者の移動もサポートする。

HOLONのマネージングディレクターであるMarco Kollmeier氏は「私たちのムーバーは、自動運転に特化して設計されており、これは開発の全ての段階や細部にわたって反映されている。その結果、この分野においては世界最高品質の車両が誕生した」と自信を見せている。

出典:HOLONプレスリリース
■Mobileyeの自動運転システム採用

パートナー企業である米インテル傘下のイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)の自動運転システム「Mobileye Drive」をベースにしている点にも注目だ。

HOLONの拡張性は、異なる冗長センサーを利用する高度なセンシングシステムと、革新的なマッピング技術、運転ポリシーのための正式モデル の3つの機能により、保証されている。

Mobileyeの自動運転システム部門のシニアバイスプレジデントであるJohann Jungwirth氏は「当社の自動運転システムは、HOLONムーバーのような画期的なモビリティーコンセプトを実現するために設計されている」とした上で「HOLONの開発が実現したことは、当社のアプローチのロバスト性とスケーラビリティーを証明するものである」とコメントしている。

■2025年末に米国で生産開始予定

最初のプロジェクトとしては、独ハンブルグで2番目に大きい公共交通機関であるHochbahnとの共同プロジェクトが発表されている。米国においては、モビリティサービスプロバイダーのBeepが最初の車両を導入する予定だ。

そのほか、大学構内や空港、国立公園といった施設での導入が見込まれる。2025年末にアメリカでの生産が始まり、その後ヨーロッパや中東、アジアにおいて生産を増強する予定のようだ。

▼HOLON公式サイト
https://www.driveholon.com/en/

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事