CES

ベントレー、運転席がない自動運転EVシャトルを開発へ

高級自動車メーカーとして知られる英ベントレーは2022年11月11日までに、自動運転モビリティの新ブランド「HOLON」を設立することを発表した。 2021年末に分社化したEV(電気自動車)システム事業ユニット「BENTELE...

Woven City、第1期は2024年開業か 初期住民は360人

トヨタの実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」が、早ければ2024年にも第1期オープンを迎えるようだ。公式サイトに掲載された情報から明らかになった。 着々と建設が進み、実証パートナーとの取り組みも具体化し始めたW...

車の「コックピット」の進化、自動運転レベル3普及で加速確実

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)の車が普及すると、ドライバーは今よりもっと自動車のコックピットに目を向ける時間が増える。運転をしなくていい時間が増えることで、車内での「可処分時間」が長くなるからだ。 つまりコックピットの...

トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?自動運転EV、東京五輪で事故...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した自動運転シャトル「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘...

拡大を続けるNVIDIAの顧客網!自動車産業、物流・小売業も

半導体技術やAI(人工知能)ソリューションを武器に自動運転業界における存在感を高め続ける米NVIDIA。パソコン・ゲーム市場の雄はすでに自動運転市場においても強固なネットワークを築いており、その勢いはとどまるところを知らない。 ...

Cerence、車内音声アシスタントでCESアワード!「Cerence Co...

米Cerence(セレンス)が開発した車内音声アシスタント「Cerence Co-Pilot(セレンスコパイロット)」が、世界最大の技術見本市「CES 2022」でイノベーションアワードを受賞した。 Cerence Co-Pi...

農機の世界最大手ディア、「完全自動運転型」の量産スタートへ

世界最大の農機メーカーの米Deere & Company(ディア・アンド・カンパニー)は2022年1月10日までに、完全自律走行型のトラクターを市販向けに量産する予定であることを発表した。世界最大の技術見本市「CES 202...

韓国LG、自動運転車向けインフォテインメント事業に参入 CESで展示

韓国のLG電子が、自動運転車向けのインフォテインメントビジネスに参入する。2022年1月5日(現地時間)に米ラスベガスで開幕する世界最大の技術見本市「CES 2022」で、同社が開発中のソリューションを披露するようだ。 韓国の...

三菱電機、乗員の「脈拍」「呼吸」センシング!コンセプトカー、CESで展示

三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区/取締役:漆間啓)は2021年12月26日までに、コンセプトカー「EMIRAI xS Drive(イーミライ・エックスエス・ドライブ)」を開発したことを発表した。 EMIRAI xS Dr...

自動運転レベル4の車内、想像つく?トヨタ紡織、CES2022で提案

「自動運転レベル4」(高度運転自動化)とは、特定エリアにおいて完全自動運転が可能な水準を指す。そのため特定エリア内だけを走行する車両であれば、ハンドルやブレーキ類が不要になり、運転席という概念がなくなるため、車室デザインの自由度が大幅に増す...