中国初!アリババ出資のAutoX、レベル4自動運転車の製造ライン完成

レベル4の技術搭載、ロボタクシー向け



出典:AutoXプレスリリース

アリババが出資している中国のスタートアップ企業AutoXはこのほど、自動運転レベル4(高度運転自動化)のロボタクシーの製造ラインを中国で初めて完成させたと発表した。

この製造ラインは2021年7月に操業を開始した工場内にあり、AutoXが開発する最先端の自動運転システム「Gen5」を搭載したロボタクシーを生産しているという。







今回の発表に合わせ、AutoXはこのロボタクシー工場の様子を撮影した動画を公開している。

■2016年創業のAutoXとは?

AutoXは現CEO(最高経営責任者)を務める肖健雄(シャオ・ジアンシャオ)氏らが2016年に創業した企業だ。同社はシリコンバレーで創業したが、2018年に中国の深センに本社を開設しており、現在は世界にオフィス12カ所と研究開発拠点5カ所を有する。

アメリカではカリフォルニア州の道路管理局(DMV)から自動運転車の公道走行許可を得ており、中国では深センで2020年12月、無人自動運転による公道走行ライセンスを取得し、ドライバーレス(運転席無人)の自動運転タクシーの実証実験を開始した。

現在は自動運転タクシーサービスの提供範囲を広げ、中国全土で数百台にのぼるロボタクシーを運行させている。

▼AutoX公式サイト
http://www.autox.ai/ja/index.html

■百度に負けず、事業展開をスピードアップ

中国ではネット検索大手の百度(baidu)の存在感が強いが、AutoXも負けていない。そしてこのほど製造ラインを完成させたことで、同社の事業が今後よりスピードアップすることになりそうだ。引き続き、AutoXの取り組みから目が離せない。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事