ZMP、自動運転可能な「RoboCar SUV」の実物を展示

コマツと開発した不整地運搬車の映像も





ブースで展示された「RoboCar SUV」=撮影:自動運転ラボ

2018年に自動運転タクシーの実証実験を東京都内で行った株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2019年1月16〜18日にかけ、東京ビッグサイトで開催された「第2回自動運転エキスポ」に出展し、自動運転プラットフォーム「RoboCar SUV」の実物を展示した。

ブースでは、自動運転・ADAS(先進運転支援システム)を開発するための製品やソリューションがずらりと展示された。データ取得サービス「RoboTest」やステレオカメラ「RoboVision 3」もその一つで、担当者がパンフレットを配りながら来場者に特徴や強みを説明した。







会場に設置されたモニターでは同社製品の利用シーンが紹介され、小松製作所と共同開発した無人自動運転が可能な不整地運搬車の映像にも注目が集まった。

ブースではそのほか、「自動運転の目」とも呼ばれる「LiDAR(ライダー)」の実機デモンストレーションも実施された。







関連記事