ティアフォーなど開発の低速自動運転EV「Postee」が一般向け初公開

ラストマイルデリバリーを想定





第2回自動運転エキスポで初公開された「Postee」=撮影:自動運転ラボ

名古屋大学発スタートアップとして誕生した自動運転開発企業ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:武田一哉)は、2019年1月16〜18日に東京ビッグサイトで開催された「第2回自動運転EXPO」で、低速完全自動運転EV(電気自動車)「Postee(ポスティー)」を一般向けに初展示した。

ポスティーは同社がアイサンテクノロジー社や岡谷鋼機などとともに開発してきた「Milee(マイリー)」の進化バージョンにあたる車両。ティアフォーが開発するオープンソースの自動運転OS「Autoware(オートウェア)」を搭載しており、同社によると完全自動運転が可能だという。







ラストマイルの配送・配達サービス用を想定し、人が乗るというより荷物を積むことを重視してデザインされた広い車内空間が特徴だ。また荷物を載せやすいよう、車両の前後左右に計4つのドアがある。車体は3D(3次元)プリンタを使ってFRP(繊維強化プラスチック)で作った。

車体は全長3285ミリ、全幅1660ミリ、全高2000ミリで、重量は800キロ。丸い外観も目を引き、多くの来場者がブースに立ち寄っていた。







関連記事