OS

メタバースだけじゃない!GAFAMが次に狙う「車内エンタメ」の有望性

次世代向けのデジタルコックピットシステムの開発が盛んなようだ。オランダの位置情報サービス大手TomTomがこのほど発表したデジタルコックピットシステムの新プラットフォーム「IndiGO」には、早くもAmazonやMicrosoftを...

トヨタが攻めに転じた?自動運転関連ニュース、2021年10月の記事まとめ

2021年10月――秋が深まる季節を迎えたが、自動運転業界ではまだまだ春が続いている。国内ではトヨタが依然元気で、新規事業に向けた意欲が求人情報からも読み取れる。グループ企業による買収も盛んに行われているようだ。 一方、海外で...

Google、次世代自動運転カーの「コックピット」に照準!BlackBerr...

次世代の自動車開発に向け、コクピットシステムの研究開発が熱を帯びているようだ。コネクテッド化や自動運転化が進む自動車業界では、車内でどのようなUX(ユーザー体験)が求められるか、移動時間をどのように有効活用可能か――といった観点に注...

トヨタが出資する未来創生ファンド、投資先の自動運転企業は?

トヨタ自動車は自社でも自動運転関連企業に投資を行っているが、出資先である「未来創生ファンド」を通じても、さまざまな自動運転関連企業に投資を行っている。今回はトヨタが同ファンドを通じて投資している自動運転関連企業をまとめて紹介する。 ...

トヨタが「都市OS」開発、Woven Cityの土台に 求人情報から判明

トヨタが静岡県で建設中の「Woven City」。自動運転など先進技術を試す実証都市だ。そのWoven City向けにトヨタが「City OS」を開発していることが、2021年10月12日までに明らかになった。トヨタ子会社の求人情報...

今年も開催!第3回自動運転AIチャレンジ、出場者募集スタート 海外チームの参...

第3回目となる「自動運転AIチャレンジ」の参加者募集が、日本を含む全世界でスタートした。シミュレーター上で自動運転のソースコードを作成し、米国の「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ」を仮想化したコースでタイムを競う。参加費...

自動運転EVを容易に量産できる未来!MIH×ティアフォーに秘める可能性

自動運転OS(基本ソフト)「Autoware」を開発しているティアフォー。その創業者である加藤真平氏が、2021年4月21日に初開催するオンラインサミット「Tier IV SUMMIT 2021」で何を語るかに注目が集まっている。 ...

業界人必見!自動運転OS開発のティアフォーが初サミット 無料オンライン開催

オープンソースの自動運転OS(基本ソフト)を開発する株式会社ティアフォー(東京オフィス:東京都品川区)は2021年4月21日(水)、ティアフォー初の公式オンラインサミットとして「Tier IV SUMMIT 2021」を開催する。 ...

自動運転OS「Autoware」、FoxconnのMIHで採用か ティアフォ...

台湾のEMS/ODM(設計製造受託)大手Foxconnグループが展開するEV(電気自動車)プラットフォーム「MIH」において、日本のティアフォーが開発する自動運転OS(基本ソフト)「Autoware」が採用される見通しであることが、...

自動運転車×パーソナルモビリティで診察受付機まで!高齢者の移動支援

つくばスマートシティ協議会は、2020年度の国土交通省スマートシティモデル事業の採択を受け、人の移動を促進する「スマート・コミュニティ・モビリティ」の実証実験を2021年2月27〜28日に実施した。 つくばスマートシティ協議会...