マクニカ、自動運転開発向けの小型EV「アカデミックパックPRO」を展示

本体価格1300万円から、2〜3月ごろに試乗会も





ブースで展示されたアカデミックパックPRO=撮影:自動運転ラボ

電子部品商社の株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:中島潔)は、東京ビッグサイトで2019年1月16〜18日にかけて開催された「第2回自動運転エキスポ」に出展し、自動運転開発のための小型EV(電気自動車)「アカデミックパックPRO」を展示した。

アカデミックパックPROは、ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社が設計・製造した車体に、自動運転スタートアップ企業のティアフォーが開発する自動運転OS(基本ソフト)「Autoware(オートウェア)」やセンサーモジュール「AI Pilot」を搭載させたもので、マクニカが販売やサポート窓口を担っている。







ブースにはAI(人工知能)関連企業や自動運転関連企業、バス会社などの交通サービス事業者、自治体などの関係者が多く詰めかけた。マクニカによると、国内でのサポート体制の拡充とともに、国外への販売も視野に入れているという。

フロントガラスの上部に取り付けられているモニター=撮影:自動運転ラボ

アカデミックパックPROの販売価格はキャンペーン中は1300万円(税抜・車体本体価格/限定30台)から。24インチの大型モニターやテーブルが搭載されており、研究・開発の際に作業がしやすいように配慮した。

マクニカ社は自動運転ラボの取材に対し、「パッケージ化による省コスト化で導入のハードルが下がり、研究開発のスピードアップ化にもつながってもらえれば」と語った。アカデミックパックPROの試乗会も2019年2〜3月ごろに開催する予定だという。

多くの来場者でにぎわうマクニカのブース=撮影:自動運転ラボ







関連記事