小松製作所の不整地運搬車「クローラダンプCF-1」が自動運転化 ZMPが技術協力

生産性アップ、人手不足解消も


クローラダンプCF-1=出典:ZMP社プレスリリース

自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2018年10月16日、株式会社小松製作所(本社:東京都港区/代表取締役社長:大橋徹二)との共同開発により、不整地運搬車「クローラダンプCF-1」の無人自動運転化を実現したと発表した。

クローラダンプCF-1には、ZMPの提供による自動運転ソフトウェア「IZAC」や、周辺の距離や物体を検出するセンシングユニット・ステレオカメラ「RoboVision2s」などの各種センサも搭載。車両制御技術のほか、自車位置推定や物体検知、走行経路生成、WiFi機器を利用した車車間通信などの技術が利用可能となる。







無人自動運転化でクローラダンプCF-1は指定目標座標位置へ正確に到達できるようになり、油圧ショベルやブルドーザーとの一連の作業も自動で行えるようになる。人手不足や労働者のスキルやノウハウ不足の課題解消にもつながりそうだ。

コマツは、建設機械の無人化・自動運転化推進のため2015年にZMPへ出資している。コマツは建設現場など全体をICTでつないで生産性を向上させる「スマートコンストラクション」という取り組みを進めている。







関連記事