大津市と比叡山で観光型MaaS実証 京阪バスや日本ユニシスと連携

スマートモビリティチャレンジの一環





出典:ことことなび公式サイト

滋賀県大津市(市長:越直美)は2019年10月1日、大津市内と比叡山でMaaSの実証実験を11月から実施すると発表した。この事業は経済産業省と国土交通省が主導する「スマートモビリティチャレンジ」の一環として行われる。

実証実験は、京阪ホールディングスと京阪バス、IT(情報技術)システム開発大手の日本ユニシスとともに実施するもの。乗車券の購入機能や乗換案内機能などを有する観光MaaSアプリ「ことことなび」を展開し、域内における利便性の向上を図ることなどが目的だ。







観光案内や飲食スポットの情報もアプリを通じて発信し、各スポットで利用可能なクーポンも配信するという。こうした取り組みが軌道にのれば観光客の周遊が促進され、展開エリアの活性化にもつながる。

ちなみに大津市と京阪バス、日本ユニシスは、大津市内で自動運転シャトルバスの実証実験も11月に行う。







関連記事