大津市&京阪バス&日本ユニシス、MaaS実用化の推進で合意 自動運転バスの運行も視野?

2019年秋にアプリを使って実証実験





滋賀県大津市と京阪バス株式会社、日本ユニシス株式会社は2019年7月5日までに、MaaSの実用化を共同で推進することに合意したことを発表した。







大津市は「持続可能なまちづくり」に取り組んでおり、京阪バスの自動運転バス研究に関する知見と、日本ユニシスの交通や観光、流通、金融などのノウハウを活用しながら、今後、人々の移動目的と移動手段を連動して提供するMaaSを市内で実現することを目指していく。

まず2019年秋にMaaSアプリを使って実証実験を実施する。アプリには周遊パスの事前購入機能や経路検索、クーポン配信機能などを搭載させる予定。

大津市は次世代モビリティ技術の推進に積極的な自治体の一つ。2019年3月には今回合意した2社とともに自動運転バス実証実験を実施し、注目を集めた。またソフトバンクもMaaSやスマートシティの実現で大津市と連携協定を結んでいる。







関連記事