北海道上士幌町でMaaSプロジェクト!自動運転にMaaSアプリ

2019年10月5日からスタート、SBドライブなど





経済産業省と国土交通省などが推進する「スマートモビリティチャレンジ」のプロジェクトとして、北海道上士幌町で「生涯活躍のまち上士幌MaaSプロジェクト」が2019年10月5日からスタートする。

移動サービスの利便性の向上や観光客などのための移動手段の充実などを目指す取り組みで、上士幌町とJapan Innovation Challenge実行委員会、ソフトバンク子会社のSBドライブ、MaaSベンチャーのMaaS Tech Japanが連携して実証実験を実施する。







実証実験では具体的には、自動運転車両を使った貨客混載の取り組みとMaaSアプリによる観光地への移動の最適化に取り組む。

MaaSアプリによる観光地への移動最適化に関する取り組みでは、シェアカーやシャトルバス、レンタルサイクル、レンタル電動サイクルなどの移動手段を組み合わせ、「最適なモビリティの案内・提供を行う」という。

出典:TKF社プレスリリース(Japan Innovation Challenge実行委員会の運営会社)

【参考】関連記事としては「MaaS(マース)の基礎知識と完成像を徹底解説&まとめ」も参照。







関連記事