ボッシュ、日本で運転支援システムの「バイク版」実証を開始

自動車向けADASの技術がベース





出典:ボッシュ社プレスリリース

独自動車部品大手のボッシュはこのほど、2019年3月から2輪車向け安全支援システム「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」の実証試験を公道で開始したと発表した。この実証実験を通じ、日本の道路環境に対応したシステム開発を進める。

発表によれば、アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システムは「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」と「衝突予知警報」、「死角検知」の機能が実装されており、自動車の先進運転支援システム(ADAS)の技術をベースに開発が進められている。







同社によると、アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システムの車体への実装を2020年から本格化させ、まずイタリアの高級二輪車メーカー「Ducati」とオーストリアの二輪車大手「KTM」の二輪車に搭載されることが決まっているという。







関連記事