ACC

見えない故障を発見!2024年、車検が自動運転車対応型に 国土交通省が発表

日本で2020年4月に自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が解禁され、今後、高速道路などで自動運転が可能なシステムが搭載された車両が続々と登場するようになる。それと並行して、こうした機能の検査体制を整備していくことも求められる。 ...

自動運転・ADAS関連の略語24個まとめ CASE、ODD、LiDAR…

現在実用化に向けて日進月歩の進化が見られる自動運転の世界だが、多くは諸外国で先進的な技術が開発されていることもあって英語の言葉が多く、英数字で略されている「略語」の形になっているものが多い。 また、日本で生まれた単語であっても...

自動運転レベル2を搭載!欧米FCA、シティーカー「新500」を発表

自動車メーカーの欧米FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は2020年3月11日までに、自動運転レベル2(部分運転自動化)の機能を搭載するシティーカー「新500」を発表した。 新500は初期モデルから数えて3代目...

ダイハツが考える自動運転…「ICOICO」世界初出展!東京モーターショーで

ダイハツ工業株式会社(本社:大阪府池田市/代表取締役:奥平総一郎)はこのほど、2019年10月24日から11月4日まで東京お台場エリアで開催される「第46回東京モーターショー2019」で、自動運転のコンセプトカー「ICOICO」など...

独ボッシュ、次世代レーダーを世界初出展へ 自動運転をサポート、検知範囲を拡大...

ボッシュ株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:クラウス・メーダー)は、2019年5月22日から5月24日にかけて神奈川県横浜市で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」に参加し、自動運転機能をサポートする次世代レーダ...

ボッシュ、日本で運転支援システムの「バイク版」実証を開始

独自動車部品大手のボッシュはこのほど、2019年3月から2輪車向け安全支援システム「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」の実証試験を公道で開始したと発表した。この実証実験を通じ、日本の道路環境に対応したシステム開発を進め...

自動運転トラックの開発企業やメリットまとめ

インターネット通販の増加などを背景に、深刻なドライバー不足に悩まされている物流業界。国土交通省の調査によると、2017年度のトラック宅配便取扱個数は42億1200万個にのぼるという。取扱個数は今後も右肩上がりが続きそうで、ドライバー...

ベロダインライダー(Velodyne LiDAR)を徹底解説! 「自動運転の...

自動運転において「目」の役割を担う重要なセンサーの一つ「LiDAR(ライダー)」。その開発を手掛ける代名詞的存在が米シリコンバレーを本拠地とするVelodyne LiDAR(ベロダイン・ライダー)だ。 まもなく市販車への実用化...

【保存版】ミリ波レーダーとは? 自動運転車で果たす役割は? 開発企業は?

自動運転において目の役割を果たすセンサー類。次々と新技術が開発される車載カメラやLiDAR(ライダー)に比べ、ミリ波レーダーの話題は意外と少ない印象を受ける。ただ市場規模は確実に拡大が見込まれており、有望市場の一つに数えて差し支えな...

アウディ「A8」の自動運転技術や価格まとめ 自動運転レベル3搭載

世界初の自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載量販車として注目を集めた独Audi社の上級セダン「Audi A8」が、ついに日本国内での販売を開始した。同社が誇る最新のフラッグシップセダンの登場を待ち望んでいたアウディファンも多い...