独Blickfeldの最先端3D LiDAR、日本国内で販売開始 自動運転の目、高精度地図の作製にも

MEMS方式、量産で低価格化も





出典:ネクスビジョンテクノロジーズ社プレスリリース

「自動運転の目」と呼ばれるLiDARを開発するドイツ企業Blickfeldの製品が、日本国内で販売開始される。自動運転向けの高精度地図を作製することにも活用でき、注目を集めることになりそうだ。

日本のネクスビジョンテクノロジーズ社と協業し、最先端のMEMS方式3D LiDARセンサーを日本で販売する形。販売するのは「Blickfeld Cube LiDAR」という製品で、報道発表では「世界最小で高精度なLiDAR」と説明されている。







報道発表では、LiDARを使用したIoTソリューションの販売も開始するとしており、その例として、高精度地図の作製のほか、「駐車スペースの検出」「人の検出と数のカウント・警告」「エリア内への立ち入りの検出」「交通の監視」を挙げている。

発表によれば、同製品については現在量産プロセスを構築しており、2020年春には低価格化が実現するという。

Blickfeldはミュンヘン工科大学卒の技術者3人が2017年に創業したスタートアップ企業。特に低価格化や小型化に力をいれてLiDARを開発している。







関連記事