自動運転ベンチャーZMPの物流支援ロボット「CarriRo」、中国に本格進出へ

上海で開催される国際輸入博覧会に出展


出典:ZMP社プレスリリース

自動運転ベンチャーのZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2018年10月2日までに、中国・上海で開催される「第1回中国国際輸入博覧会」(主催・中国商務部)に、自動運転技術を応用して開発した物流支援ロボット「CarriRo」(キャリロ)を出展すると発表した。博覧会は2018年11月5~10日の6日間開催される。

ZMP社は報道発表で「今回の中国国際輸入博覧会をきっかけとして、本格的に中国市場へ進出します」と発表している。同社は中国市場について労働人口の低下で物流業界に課題が生じていることを指摘。産業用ロボットの需要が高まっていることを見据えているようだ。







CarriRoは2016年に販売開始され、日本や海外の物流倉庫や工場、宿泊施設などで導入が進んでいる。







関連記事