自動運転ベンチャーZMPのCarriRo、北海道でも導入 倉庫内で省人化と労働環境改善の効果

コープさっぽろが導入


自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)が開発・提供する物流支援ロボット「CarriRo」が北海道でも活躍している。







生活協同組合コープさっぽろが、物流を担う関連会社である北海道ロジサービス株式会社の倉庫で導入を開始した。省人化と労働環境改善を目指して導入したもの。スーパーマーケットの物流部門では初となるロボットシステム「オートストア」も同時導入した。

北海道ロジサービス社は販売代理店としても今後CarriRoを取り扱い、北海道の顧客などに対して活用方法の提案を行っていくという。







関連記事